野菜をもっと摂りたい方をサポートするのがやずやの養生青汁

野菜をもっと摂りたい方をサポートするのがやずやの養生青汁

毎日野菜は足りていますか。1日の野菜の摂取目標量は350g以上です。しかし、平均で54gの野菜が不足していて、20代では100g以上も不足してます。

 

野菜にはビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。野菜が不足すると体に必要な栄養素が不足して体調不良などにつながる恐れがあります。野菜をたくさん食べようと思っても、外食や加工食品の摂取が多く難しいですよね。また、苦くて野菜が苦手という方もいると思います。

 

野菜をもっと摂りたい方をサポートするのが、やずやの養生青汁です。1億杯を突破しています。

 

やずやの養生青汁は六条大麦若葉を使用した青汁です。青汁は苦くてまずいイメージがあるかもしれませんが、それはケールを使用している青汁です。大麦若葉はケールと違って苦みが少なく、飲みやすい味です。

 

おいしさだけでなく栄養もあります。六条大麦若葉には、ビタミンB2、ビタミンE、ミネラル、クロロフィルなどが含まれています。ビタミンB1はサラダ菜4,4枚分、鉄分はアスパラガス5本分、ビタミンB2は人参0.8本分、カルシウムはピーマン3.8個分にもなります。たくさんの野菜を食べるのは大変ですが、養生青汁なら2本でこれだけの栄養を摂ることができます。

 

製造方法にもこだわりがあります。収穫された大麦若葉をローラーで細かくつぶし、絞って水分を飛ばして粉末にしています。野菜の栄養は細胞壁の中に閉じ込められていて、細胞壁を壊さなければなりません。ローラーでつぶすことで細胞壁が壊れ、中に閉じ込められていた栄養をとり出すことができます。

 

養生青汁は抹茶みたいで飲みやすい、すっきりした味と好評です。ほんのりと甘いハト麦エキス粉末を加えているので飲みやすいのです。100人中89人の方が飲みやすいと回答しています。牛乳や豆乳に溶かすとさらに飲みやすくなります。牛乳にホイップクリームを加えてもおいしいです。アレンジ自由だからおいしく続けやすいです。

 

ふるさと青汁の次におすすめできる青汁と言えるでしょう。味だけで言えば、ふるさと青汁を超えているかもしれません。