MENU

ドッグフードでわんこもアレルギーになる危険性・・・

うちの子はアレルギー体質ではないのですが、今は人間だけではなく犬たちもアレルギー反応を起こしてしまうみたいです。

ちょっと信じられない話ですが、実際なってる子をみた事はあります。

毛が抜けて、皮膚がただれちゃって、かわいそうでした。

なめたりするので首には舐めないためのスピーカーみたいな形の器具がはめられていて、なんとも辛そうでした・・・病院通いしているようで、きっと治っていくとは思いますが、それまでの過程がつらいですよねぇ・・・

その原因となるのは、やっぱりドッグフードなどにあるようです。

牛肉・豚肉・化学合成添加物などがアレルギーの原因となってしまうみたいです。

アレルゲンになる可能性のある原材料の含まれたドッグフードを食べれば、やっぱりアレルギーになってしまうようです。

ワンコは自分のドッグフードを選ぶことができません。

ですので、アレルギーになって辛いワンコを見る前に、自分のことのように考えて選んであげてください。

もしもアレルギーになってしまったら、質の良い材料を使った抗酸化剤・防腐剤・着色料無添加のドッグフードに替えることで、健康なワンコに戻して行くことができますので、無添加のドッグフードを選んであげて欲しいです!

やはり安心できるブランドのドッグフードを与えてあげたいですね。

目次

アレルギーを防ぐドッグフードってあるの?

ドッグフードを食べると、アレルギーが起こってしまう・・・

愛犬のつらそうな表情に、変わってあげたいと思い悩む心ぐるしい飼い主の方も多いことでしょう。

安売りされているドッグフードほど、アレルギーを引き起こしやすい化学物質などが大量に含まれていることもあります。

動物だから、どんなものを与えても同じ…そう思うのは大きな間違い。

アレルギーを引き起こす可能性の少ない、ナチュラルなドッグフードを、飼い主自らの責任で選ぶ姿勢が大切です。

よくわからないまま、同じようなライフスタイルを続けていると、ワンちゃんのカラダに負担のかかる成分が蓄積されてしまうことも…。

数年後に怖い病気を引き起こす可能性もあるため、食生活や運動など、毎日のライフスタイルをきちんと見つめてみることからはじめてみましょう。

ペットフードを無添加や着色料不使用のものに変えてみることも大切。
最近ではペットの健康への意識も強く、種類も豊富に出ています。

愛犬の種類やタイプ、年齢にあわせたものを選んでいくと良いでしょう。
トラブルの起こらない、健やかなカラダに導いてあげることも必要です。

寒いから、暑いから、面倒だから、私たちの都合で家の中ばかりで飼っていませんか?

散歩が大好きなワンちゃんにとって、運動不足は大敵。
毎日暑い日が続くようなら、朝や夕方の涼しい時間帯を選んでみましょう。

寒い日でも日中の温かい時間帯をえらんであげれば、快適な散歩が楽しめます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる